スキップしてメイン コンテンツに移動

「TMA2016年間MVP」







ご機嫌うるわしゅう。

あぶね。年またぐとこだった。


・・・。

ども、ただのオジサンだす。


寝たきり〇人ぐらい寝てました。


最後までイキまっす。


本年度のMVPでっす。

ウチの。(苦笑)



の前に。

特別賞を間にムギュしまっす。



ウチで、2年連続、花を咲かせた

彼。ほい。



うん。こりゃ、ないね。

写真の話し。今現在っす。

通称:アポノゲトン ウンデュラタス

ちょっと前に出してたからいいよね。


おし。



・・・。


で、もひとつ。

飽きたので、すっ飛ばした記事の

受賞者だけ発表っす。

瞬間視聴率賞。

ノミネートは、彼ら。

①ロタラ マクランドラ スモールリーフ

②ガイアナ ドワーフ ロタラ

③アラグアイア レッド ロタラ

④ガイアナ ドワーフ ミリオフィラム

⑤ガイアナ ドワーフ マヤカ

⑥ルドウィジア スーパーレッド


えっと、消えたか、行方不明になったけど、

一瞬に輝きを見せた功績の賞だす。

うん。自分で言っておいて小恥ずかしいよ。


で、受賞は④ガイアナドワーフマヤカ~


え~と、理由はまだギリ生きてるから(笑)



・・・。


ここで一言、心の内を叫びます。

ゴホン



「育たないモノは
育ちませんから~‼‼‼」


おし。スッキリ。



では、MVP発表だす。

今年の年間MVPは、

増加量×舞台(水槽)出演数×私の偏見

で、決まりました。



では、ほい。




①Hemianthus micranthemoides

通称:ニューパールグラス

ロビん家の水草は?って、

言われたらコレです。笑


今年の3月までパールグラスだと、

思ってましたけど。

ちなみにパールグラスも探したら、

ありました。

特殊変異ですからね。当然かも。


4年ぐらい前に、買った他の水草の

中に紛れていた破片から、ここまで

生長するんで、何が起きるか

わかりませんね。アクアリウム。


だから、楽しい。





②Pogostemon sp. 

通称:ポゴステモンsp. オクトパス


またきた、ポゴ(笑)

ベストオブ出荷水草を、受賞したダッセンより、

大きいでっす。

水面突破まで2日でした。

うん。笑えない生長力。

かなり、切り分けました。

そしたら~、チッパくなったんです。


トリミングに弱いんじゃなくて、

だんだん小さくなる。

これは、チッパイ好きの私には

堪りませんでした。


単純にキレイでっす。

ミズトラノオ属。







③Hydrocotyle sp.

通称:オーストラリアン ドワーフヒドロコティレ

うん。説明いらない(笑)

写真がないっす。

ウチではメジャー過ぎてww






④Potamogeton Octandrum Poiret

通称:ホソバミズヒキモ

日本産水草。

どうでも良い話しですけど、

ポゴステモンとポタモゲトンとアポノゲトンって、

名前が似てません?


私、いまだに間違える場面があります。


ま、いいです。

ウチでは、増えまくります。

水が合うんでしょうか?笑

浮き葉が出るので、イトモでありません。







⑤micranthemum sp.

通称:ニューラージパールグラス

はい。

説明要りませんね。

説明しません(笑)




というわけで出そろいました。

2016年のMVP候補5名。

ベテラン4名と新人1名っす。




発表だす。


デラデラデラデラデラ、、、


コーン。





エントリーナンバァァ⤴


テュウウウウウウウ



あ、2っす。



ポゴステモンspオクトパアアアアス‼‼‼




はい。新人がヤリました。


タコですよね?オクトパスって。


オレ、好きだもんな~、タコ。



・・・・。



という事で、金メダルの授与だす。

ほい。





はい。

2016年のTMAが決定しました。


金TMA。




・・・。






では、

ハヴァ ナイスデエイ バァーイ✋゛



最後までよんでいただき、

ありがとうございます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

    ⇑

 キャンタマスイッチ

コメント

  1. 金TMAでしたかぁ~( *´艸`)
    壮大な前フリ後だったのでウケましたww
    ニューラージとニューパールとオークロの
    絨毯良いですね~♪緑の絨毯大好物です(゚∀゚)

    返信削除
    返信
    1.  今年最後のひと振りでした( 。゚Д゚。)
      やっちゃらかした感は、エープリルフール以来でしたねwww

      緑一色は水草趣味な方も、でない方も好きな絵ですよね♪
      玄関のウェルカム水槽だったんですけど、当時は誰も褒めてくれなかったなぁ(しみじみ)(´TωT`)

      削除
  2. オークロコンパクトで使い勝手良さそう!
    ウォーターマッシュルームとかアマゾンチドメグサは面白系でセンス要求されますしね。

    返信削除
    返信
    1. ウォーターマッシュルームも持ってるんですが、レイアウトに使った事ないですww

      オークロは雑草ばりに増えすぎて困る事も、、、
      あまり生長しないノチドメの方が使い勝手が良いかなぁと、最近思ってます(ФωФ)

      削除
  3. 金TMAwwwww
    ほんと壮大なフリだったのか!!!!
    すばらしい!!!!
    今年の金〇玉は何になるか楽しみですねぇ

    あ、あけましておめでとうございます
    今年もよろちくび┏Ф〝ペコッ

    返信削除
    返信
    1. こちらこそ、よろち○びっす( ゚Д゚)ゞ
      フリね、あたためてましたからね( ゚д゚)ポカーン
      反響があって嬉しいっす(っ´▽`)っ

      削除
  4. 年末あたりからパソコンからコメントするとエラーになるようになってしまいました…
    スマホから挑戦です。

    本年もよろしくお願いいたします。
    金TMAAAAAAA!

    返信削除
    返信
    1. お、できたw

      削除
    2. いやぁなんか、申し訳ないです(´TωT`)
      エラーは、たまに聴くんですよね(;´Д`)ハァハァ
      なんででしょう?エロー(笑)

      キャンタマ、伸ばしすぎ(爆)

      削除
    3. うん。出来ましたぁ(*´∀`*)ノ

      削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

「あなたは変われるはずよ」

今日も掘りましたよ~。

近所の方々から白い眼で見られても、

私は掘りますよ~。‐ 残り3000×2800×500

. . . . . .。


 ごきげんよう。ミスタ ポポです。

はい。

今日は、定例水換えデーです。

やった~。トリミング大好き。

んっ?

あんまり伸びていませんね~。

ありゃ、不完全燃焼ですよ~。

まぁ、いいです。気にしません。

エロモ-ワールドでは。-PAPAセンセイ、ツカイマシタヨー

じゃ~、勝手に、ほい。




見つけましたよ。

私の目はごまかせませんよ~。

ヒータについているものです。

黒髭コケの第2形態ですね~。

んっ?

見えない。

はい、わかりました。

ほい。



もっとわかりずらいですね~。

茎が出て、二股に分かれました。

長い時間、育てていました。

なんか、ブログ内のウワサでは、

第3形態は空を飛ぶ。と言ってましたね。

楽しみです。

. . . . . .。

はい。

それでは次です。

水中矮化実験の途中経過でっす。

ほい。



ちょっとオークロが邪魔ですね。

上から写真撮りました。

少しの流木と小葉が見えます。

完全に活着したニューラージパールグラスです。

ソイルやテグスを使っていません。

流木自体に根を張りました。

抜こうとすれば、ブチブチ切れます。

液肥は一度も添加していません。

キューバパールグラスと変わらない大きさです。

もちろん、そんな高級水草はありませんので。

ちなみに同じ水槽内の

固形肥料埋めている底床に張っていった葉は、大きいです。

ほい。



THE普通ニューラージです。

興味深いのは、同水槽で生育が違うだけでなく、

ニューラージパールグラスが、葉面からの栄養吸収より、

根からの吸収の方が大きいという結論です。

一般に水草有茎草は、光合成・

専門用語でいう陽反応(光合成している時に栄養を葉面吸収しATPを作る。)

が陰反応(土中から水と一緒に吸収・ミトコンドリア由来)より、

大きい高等植物という考えがありますので、

逆という結果が見て取れます。

ここら辺に底床を這う水草の秘密がある気がします。

光量は流木に乗っている方が高いですから、

結果はうなずけるものではないでしょうか。

流木上の活着やり方は、平面に

小さな植物塊をただ置いて、溶岩粒を

上から乗せておいただけです。

2週間程経ったら、根が張ったこ…

「水草育成技術の語る」

ご機嫌うるわしゅう。

ロビヲだす。


しれっと更新だす。




水草育成に技術を活用する。

園芸の(笑)


・・・。


はい。

知ってる方は知ってると

思いますが、

私の水草育成論は、

すべて園芸から来てまっす。

一般的な水草育成においては、

炭酸ガスの添加だけが

アクアリウム由来でっす。


で、いつも育成技術を

記事にしないんですけど

少し書こうかなっと。






まず写真から、ほい。




こんなの。






裏側はスッカスカ。

というか根のみ。


これはトリミング(園芸でいう盆栽の

仕立て)技術だけで出来まっす。


ソイルのかさ上げとか必要ありません。





あと、ほい。



水草の有茎草を短く育成する。

これも園芸でいうところの

クランプ栽培を使って維持してます。




他にもモスの配置や、

照明の当たり具合で育成方法を

変える等、園芸技術を使っている場所に

枚挙にいとまがありません。




で、今日は上記に上げたクランプ栽培を

書きまっす。


ポイントは3つでっす。


①なるべく強い光。

②無肥料。(ほぼ無し)

③有茎草を寝させる。



以上です。


超簡単だす。


水中でも陸生でも抽水でも

なんでもかまいません。



正直言うと①の強光さえ確立出来れば、

ソイルも土も底床と呼ばれるモノさえ

なくても出来ます。

上の写真は重しを付けて

流木に乗ってるだけです。

根がむき出しっす。




水分は必要ですけど。


私は底床を卒業しました。

飾りで使ってます。

水草を教えてくれた先生は

底床で育つ育たないは関係ないと

おっしゃってました。

以前は解りませんでしたが、

少し解ってきた気がします。





話しを戻します。

それも面倒な方は有茎草を

水面に浮かせておいてください。

1ヵ月で短くて茎間の短い

クランプ(芽が沢山出てる株)の完成です。


注意として寝かせた水草を、

株ごとに切ってはいけないって

ところだけです。


切ると独立株になって大きくなります。

簡単に説明すると一株では、

芽が沢山付くと栄養分が足りなくて

大きくなれないって事です。

かなり大まかですけど。


あと、カリウムを添加している水槽では

出来ません。

以前にも書きましたが、カリウムは

転流に影響していると考えられるからでっす。



園芸をされてきた方には

常識な技術もアクアリウムに

活かせたなら、ちょっと

面白いかもですね。



✋゛








最後まで読んでいただき

ありがとうございま…

「H/S水草論」

ご機嫌うるわしゅう。

うん。異常気象っていうんですか?

まだ今冬に1度も除雪してないオジサンでっす。


・・・。




でもアレですね。

降雪地域で雪降らないのは、

氷河期由来の自生水草に影響も

あるのでないでしょうか?

少しだけ不安っす。


まぁ、腰痛いから除雪なしは、

嬉しいですけどw







はい。来ました。

皆さん、大好物な方が多いのでは

ないでしょうか、H/S(ホームセンター)。



DIYとかね、ペットコーナーや植物販売、

土とか鉢とか肥料とか。



私も以前は週1で行ってました。

散歩に。




で、今日はそのH/S(正しくはC)の水草について。


売ってますよね、水草。


買った事、ある方いらっしゃいますか。

書き込みなんか見ると水草だと

思って買った。⇒ 違った。

⇒ もう買わない。とか。


状態悪い。とか店員さんが無知過ぎて

笑えたとか。どうも印象はよくないかなって

気がします。



で、私は結構、買うんです。

価格が安いとかそんなんじゃなく。

自ら欲しくて。



ん~と、ショップにはあまり売ってない水草が

売られているのは解ると思います。

レッドグラス(アルテルナンテラ)とか、

ワインレッドロベリアやオピオポゴン(リュウノヒゲ)、

グリーンファンとか。

ちゃんと水中育成可なら

ハイグロフィラ系とかエキノドルスかな。


うん。書いておいてなんですが、

買う気というか水草として育てれる自信が

1%もありません(笑)


でも、知識があれば楽しめる水草も

あります。

今日はそんな話しっす。


話しが逸れますが、5年くらい前には

スーパーの花屋さんで、ホシクサの

ポット売りを100円で買ったことがあります。

(土植え)

いまだにその株から取れた種で実生して

ますから、随分とお得でした。







結論を言えば、H/S(正しくはC)植物(水草)の事を

知っていればなかなか捨てたもんじゃないって

いう事実なんです。



で、その中で私がオススメしたい水草はコレっす。

ほい。



うん。見た目がすでにいかがわしいですね。



左、アンダーウォーターファイアーツリー

右、バコパ・ミリオフィロイデス




まず、ダーターアーリー(長いんで略)から。


はい。私の好物、セラギネラでっす。

和名クラマゴケの仲間。


詳しく説明は端折りますが、

数種類が混じって売られていまっす。

注意して見ないとヒドいの…