スキップしてメイン コンテンツに移動

「休眠するの」

ども、ビビでっす。

あ、


ご機嫌うるわしゅ。



はい。

今月のロビゴスティーニは、、、


ネタない。


は?


いやある。



やっぱないので

寒くなったので冬眠しまっす。


というか11月の資格取得へ向け、

いよいよケツに火がつきますた。

ので、春に会いましょう。

他の資格も2月にあるし。


が、インスタグラムは毎日更新です。

@tomurobiだっけか、わかりません。


アクア風味が足りないとか言わない。


ほとんどエロ。

ウソ



というわけで9月は水草から脱線&

浮気しまくりでしたので

ダイジェストにて紹介して、しばしお別れだす。

ほい×17




昨晩4℃まで外気温が下がりますた。








シュウカイドウに浮気。




ウルグアイエンシスに乾杯。





聖地巡礼したり。




彼女との新しい生活。(手乗りインコ・メス)










埼玉イン。







そして、その事がキッカケでカルチャーショック。

改めて園芸はおもろいなと。

浮気のハジマリ。





そんなフジダラな生活でアルコールに走り





気付けば水辺をじっと眺めていたり







見ず知らずの方とよからぬ関係に




娘が変になったりして





ただ言える事はレースプラントが

ただただ美しいなという事に

気づけた9月ですた。







最後まで読んでいただき、

ありがとうございます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

   ⇓

そんなレースプラントは休眠期が

長いんだよ、というオチ。

お後がよろしくないようで(笑)

コメント

  1. お久しぶりです。
    充実されているようですね~。
    昨年の訪問からもうすぐ1年。早いものですね~。
    私はしばらく水槽の無い生活でっす。
    必ず復活するので、その時はまたよろしく!

    返信削除
    返信
    1. ご無沙汰しておりました。1年ですね~‼駆け足で過ぎた1年でしたが思い出は昨日のように思い出せます(笑)焼肉とかレンタカー屋とかRaj氏とかwリンドウをまた見にいらして下さい。復活お待ちしてます‼

      削除
  2. 9月号ギリギリでしたねww
    今月は休刊かと思ってました( *´艸`)
    来月からはお休みなんですね・・・
    再開楽しみにしてます♪

    ウルグアイエンシス調子良さそうですね(*´▽`*)

    返信削除
    返信
    1. 寸前ギリギリがスキなんでしょうね(笑)

      ちょとしばしの充電期間です。来春は満を持して再開出来るでしょうか(笑)スコシフアン

      ウルグアイさんは、始めっからクライマックスに調子良いですよ。後生大事に育てます‼

      削除
  3. ご無沙汰しております。
    水中から上陸されるんですか?

    私も動植物の維持に時間を取られがちでフィールドは減速気味です。
    今後もお互いマイペースということでw

    返信削除
    返信
    1. いやぁ、なんかですねぇ、近場のアクアショップが2店も閉店しまして、、、テンションダダ減りしてましたぁwもうお店わずかしかありませんよ(苦笑)
      震災地のアクアコミュニティはほぼ壊滅です。なので、ちょっと離れて俯瞰してみてみようかなと。時期的に良い機会かなと。

      日本国内は産業としても学問としても、あと100年たってもアクア大国(アメリカ、ドイツ、オランダ)には追い付かないでしょうけど、、、無念です。良い趣味だと思いますが。

      岩手フィールドは遊び尽くした感が(笑)全然植生の違うフィールドに行きたいです。やはり国をまたいだ熱帯地方(乾季)に行くしかないかなって妄想してます(笑)

      削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

「あなたは変われるはずよ」

今日も掘りましたよ~。

近所の方々から白い眼で見られても、

私は掘りますよ~。‐ 残り3000×2800×500

. . . . . .。


 ごきげんよう。ミスタ ポポです。

はい。

今日は、定例水換えデーです。

やった~。トリミング大好き。

んっ?

あんまり伸びていませんね~。

ありゃ、不完全燃焼ですよ~。

まぁ、いいです。気にしません。

エロモ-ワールドでは。-PAPAセンセイ、ツカイマシタヨー

じゃ~、勝手に、ほい。




見つけましたよ。

私の目はごまかせませんよ~。

ヒータについているものです。

黒髭コケの第2形態ですね~。

んっ?

見えない。

はい、わかりました。

ほい。



もっとわかりずらいですね~。

茎が出て、二股に分かれました。

長い時間、育てていました。

なんか、ブログ内のウワサでは、

第3形態は空を飛ぶ。と言ってましたね。

楽しみです。

. . . . . .。

はい。

それでは次です。

水中矮化実験の途中経過でっす。

ほい。



ちょっとオークロが邪魔ですね。

上から写真撮りました。

少しの流木と小葉が見えます。

完全に活着したニューラージパールグラスです。

ソイルやテグスを使っていません。

流木自体に根を張りました。

抜こうとすれば、ブチブチ切れます。

液肥は一度も添加していません。

キューバパールグラスと変わらない大きさです。

もちろん、そんな高級水草はありませんので。

ちなみに同じ水槽内の

固形肥料埋めている底床に張っていった葉は、大きいです。

ほい。



THE普通ニューラージです。

興味深いのは、同水槽で生育が違うだけでなく、

ニューラージパールグラスが、葉面からの栄養吸収より、

根からの吸収の方が大きいという結論です。

一般に水草有茎草は、光合成・

専門用語でいう陽反応(光合成している時に栄養を葉面吸収しATPを作る。)

が陰反応(土中から水と一緒に吸収・ミトコンドリア由来)より、

大きい高等植物という考えがありますので、

逆という結果が見て取れます。

ここら辺に底床を這う水草の秘密がある気がします。

光量は流木に乗っている方が高いですから、

結果はうなずけるものではないでしょうか。

流木上の活着やり方は、平面に

小さな植物塊をただ置いて、溶岩粒を

上から乗せておいただけです。

2週間程経ったら、根が張ったこ…

「水草一点突破①-グリーンファンsp.ベリーショート」

ご機嫌うるわしゅう。

ども、特技はこづくり、

Mr.ロビ太でっす。

うん。すでに打ち止めですけど。

・・・・・。



はい。

久方に水草を買いました。


で、今日はそのお話しでっす。


あ~と、皆さまは水草を買う頻度は

どのくらいなのでしょうか?


水槽の大きさなんかで使用量も収納数も

変わるので千差万別でしょうけども。


私は、入れ込んでいた頃は、1ヵ月に

2,3回ぐらいの頻度で大人買いしていました。


なにせ、田舎暮らしが長いのでショップ巡りと

いっても5,6件の中を行ったり来たり、

都合があえば、仕事で出張の際に

水草に強いショップへ、うかがってました。


でも、現在では販売されている水草は

結構持っていて、なかなか新種や育てた事の

ない種類に遭遇することも少なく、

さらに水草部屋のキャパオーバが、

相まって購入は、半年に1度くらいです。


その他、諸々の事情もありますが、、、。

(好み、状態、そもそもコンプが目標でない等)


で、購入水草はコチラ。

ほい。



鉛巻き(笑)

東南アジア便です。

左から、


レッドカボンパ。

ラージナヤス。

グリーンファンsp.ベリーショート。



上記、二つはコメントは特にありません。笑

アピスト水槽に、ドボン。の前に、

沈水用のトリートメント。

ほい。



バケツでポン。

いつか記事になるかな?




それはいいんです。


問題はコチラ。



名前が長いんで略します。

グリーベリー。

うん。ダメみたい。

・・・。



で、そのグリーベリー。- シツコイ。

ネットなんかの書き込みなんかでは、

メチャ嫌われてる感じです。


私も存在は知ってましたけど、スルーでした。


理由:水草でない。


これ以上の理由は、ない感じでっす。



んで、ホームセンターなんかだと店員も知らない笑

知っている方もいらっしゃいます、もちろん。

そんな水草もどきが、〇ッパイあるんです。いまだに。


で、無垢な購入者が水槽入れたら、

デロンデロン溶ける。汚い。

調べたら水中で生長できない、または

長期育成は不可。

なんだ、チミは。


・・・。



いや、それは嫌われますよ。

せめて、テラリウム用とか書いて下さい。

で、展示も抽水でお願いします。

・・・。

話しが逸れました。



戻します。

今回は、なじみのショップで購入しました。

もちろん、店員さんは溶けること知って…

「手抜きしちゃダメ」

ども、ボックだす。

日々、忙しいね、本業の方。



ところで、こちらも本家ディアゴスティーニから

Robi2が出る(出た?)らしいっすね。

・・・。


・・・。



ヤリニクイジャナイ。




ニセものの6月号なんですが、

ひと月の備忘録的な流れは嫌気がさすので、

久しぶりぶりにコラム書きまっす。



と、その前に、

ウチにプレゼントが来ますた。

ほい。



ほいほい。





えへへ。

ウルグアイな地のエキノドルスと、

ついにウチにも来ますた

ピンキ-な点々のベゴ。


どちらもそれぞれ養生室へGO。

ほい。



ヤッヘ~イ‼


送り主様、ありがとうございますm(__)m

許可を取ってませんでしたので、

名は伏せさせていただきます。

ほい。



・・・・。


ん、デちゃったか。


・・・・。



おし。

(勝手に出してごめんなさい。)





で、戻りますがコラムは、

  「アクアリウムのスケール感」

はい。皆さまのアクアリウムタンクはどれくらいを

使ってますでしょうか?

一応、マンテは水草育成実験ブログとして

書いてますので、あまり大型魚を飼われている方は

見ていられないような気がしますが、

個人趣味な方での水草水槽では私が存じあげている

180㎝が一番大きいかなと思いまっす。


業界的にはリスボン40mという金字塔があるわけで、

その作者の部屋の愛された水槽は4mな訳です。


で、私は4㎝くらいのモノを好んでます。

ほい。




ここで、ネイチャーは数万倍以上とか、ファームなら何倍とかは

無視で進めます。



一般サイズのレギュラ-60㎝とか、

一時期の流行を作った30キューブ。

レイアウトコンテストの主流的な90とか120㎝。

水草レイアウト水槽ならこれで十分かなって、

思ってますけど、賛否両論ありますね。


で、今記事で何を言いたいかの核心なのですが、

水草のスケール感、草体の大きさ、長さについて

タンクのスケールに対してどう使い分けようかという

事っす。


例です。

水草アクアリウムで一般に使用されている陰性水草が

あります。

モス、ミクロソラムやボルビディスなどシダ類、アヌビアスやクリプトなどの

サトイモ科は代表的なメジャーっす。


でこの中で草体(葉一枚ではなく)を比較して、

小さいのはクリプトコリネぐらい?

※ネイチャーでの話しは無視します。

あくまで水槽内の種類ですが、

バラ…