スキップしてメイン コンテンツに移動

「呼んでもないのに」






ごっつぁんです。

どうも、ボクです。



先程、スマホを水バケツに落としました。

人生で一番、反射神経が良かったです。


・・・・。



興奮さめやまないので、更新でっす。

- ナンデ?


あ~、なんか面白くもないんですが、

前に作った、水の入っていない水草レイアウトを

記事にシタいです。シタいです。


2回言いました。


・・・。


現状、ほい。



なんでしょうか? コレ。


ヒドいもんです。


1か月ぐらい、フタもあけませんでした。

以前に左側の石の上の水草を、

出荷しました。

その際の記事でALL BLUE ~コリドラスと

アピストと水草と~のADさんに、

オリジナルの侘び草を作成しろ‼と言われ、

石の上で、しこしこ作ってました笑

※※しろ‼とは言われてません。



で、だいたい良さげなので発表でっす。

チョット、葉の先っちょ折れてますがw

が、その前にウチの水なしの水槽に、

かならず現れる呼んでない方が居るので、

場の空気を読んで帰ってもらいます。


見えますよね、呼んでない方。

ほら、そこっす。


ほい。



〇の中。なんかシダ。


おし、久方のイリュージョンをヤリますか。



・・・・。



・・・・。



ク~、、、、。



ク、ク、クパアアアアアアアアアアアア~‼‼‼



ほい。



なんか、地面もかなり消失しましたが、

まぁ良いでしょう。



では、中身はあまり変化ないですが、

ギャラリーでどうぞ。



はい。トムロビ産侘び草もどき。

使っている水草は、細葉のがヌマスゲ。

土台は、ニューパールグラスとリシア。

・・・。


うん。水に入れたら崩壊するね。


ヌマスゲは、あまり大きな声で言えませんが

かなり希少な感じだと思います。


でも、美しいんでしょうがないですよね。

もちろん、活着なんてしませんし、

乗せてるだけなので、ズ〇ばりに、ぽんっと

取れます。

どこから栄養を取ってるのか、不思議では

ありますが、育つから気にしません。




おし、では次。


となりの石の方はかなり緊迫してまっす。

生長し過ぎました。

一応、ぽんと取れます。

侘び草もどき。

ほい。








え~と、上のメインがスタウロギネ・レペンス。

土台のメインが、オーストラリアン・ヒドロコティレ。

他にロタラやウォーターローンが仕込んでありますが、

埋もれたので割愛でっす。

ヒドロコティレは花が咲きまくって大変です。

が、気中で風もないので結実しませんね。

他の水槽の水中から顔をのぞかせている株は、

種が出来ました。

そして、このオーストラリアンはヤッテくれました。

ほい。







葉がデカイ。

一緒に写っているクリプトも、

アヌビアスも大きいんですけど、

迫力は負けてません。

計ったら、大きいので27㎜ありました。



勘弁してください。


そして、さらにほい。



葉はチッパイのに、斑入り葉が出ました。

出て1ヵ月ぐらい経ったでしょうか。

その後、まったく生長せず、

さらに斑入りの葉は1枚だけのまま。

どうなっているんだ。オーストラリア。

TPPか。


・・・・。





続けまっす。



寒くなったからか、アフリカのシダは生長せず。





同じくスターレンジとマヤカも生長せず。


最近の室温は17度でっす。

無加温。




はるばるインドはカルナタカ州から

種で来ていただいたエリオカウロンは、

1か月で、1㎜ぐらい程伸びるという

離れ業を披露してくれています。

今、大きいので3cmくらい。

水中のは1.5㎝ぐらいを行ったり来たり。

春先から育ててますよ。






うん。順調ですな。






ほな✋゛







おまけ:



回収シダのアソートだす。


最後まで読んでいただき、

 ありがとうございます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

    ⇑

コンテスト、間に合わなかったなぁ、

クパコレもしなかったしなぁ、

ばあちゃんの喪中だからかなぁ、




否。

ヤル気のモンダイ。

カラダよ、ナオレ~。

クパ~

コメント

  1. さすが、トムロビさん、うまいこと育てていますね~。

    エウリカウロン生きていてよかった。ウチの一番成長が良いのは葉長20cm根本の太さが2cmくらいあります。正直大きすぎです。

    返信削除
    返信
    1.  いえいえ、まぐれですm(_ _)m

      株数を数えましたが、50株あるかないかぐらいまで減ってしまいました汗
      夏越しが難しいイメージです。種の塊は、ストック分3つを残してますが、まだ育生方法が確立しませんww
      その分、まだまだ楽しめそうです笑
      たぶん、何かスイッチが入ると一気に生長すると思うのですが、決めあぐれていますw
      ホシクサなので水深の増減は、関係しているとは思うのですが、う~ん、悩ましい(嬉)
      花を咲かせたいです♪

      削除
  2. そんな命令なんて・・・Σ(゚Д゚)
    水中は無理でしょうけど腰水もしくはミスト式なら
    イケそうですね(*´▽`*)
    オークロの斑入りなんて初めて見ちゃった(゚∀゚)
    最後のシダも良い感じですね~
    欲し・・・( *´艸`)

    今お迎えするための準備を急ピッチでしてるので
    もう少しお待ちくださいm(__)m

    返信削除
    返信
    1. いやいや、ジョークです‼

      管理は、パルダリウムで放置で構わないのですが、本家の侘び草のように、水中でもイケるタイプにしたいです♪そして、次の創作侘び草もどきを、そろそろ作りたいなと笑

      庭にチドメグサのふいりを植えてあるので、何かの拍子に種が入ったのかも知れません。ちょっと、葉の形状がオークロと違うようなww
      シダね、パルダリウムやってると、勝手に生えてきますよ( ゚д゚)ポカーン
      あ、でも、送ります笑

      ユッタリで構いませんよ!

      削除
  3. 萎縮化の魔術師ロビロビ太さん
    巨大化なんて珍しいですねw

    巨大化といえば
    ロビさんがくれたシダがオッキくなって
    ガラス蓋まできちゃいましたw
    増やしたいんですけど
    シダは株分けしかできないのでしょうか?
    あ、LINEで聞きますww

    返信削除
    返信
    1. ジャイPAンさん(*´∀`*)ノ

      そうそう、カラダも萎縮、髪の毛も萎縮、女性の好みも萎縮がスキと、、、
      って、ダレが、パ○パンとロリ○ンの小人じゃ~⤴(*`ω´*)

      一部は、進撃の巨○ン、、、。
      おし。

      シダねぇ、、、。
      LINEで✋

      削除
  4. 水ポチャ壊れませんでしたか・・・?
    うちは釣りボートの片隅が浸水しててそこにスマホを1時間くらいじっくり浸けこんでたら再起不能でしたww

    このかっこいい水なし水槽はフタもなしですか?完全に陸生って感じでしょうか。
    うちの密封プラ容器もいい加減フタを外していきたいので今度相談させてくださいw

    返信削除
    返信
    1. いやぁ、バケツの底についたか付かないかぐらいで、取りました(;´Д`)ハァハァ
      いつかやるなぁとは、思ってましたけど、その時は急にやってくるんですねぇ(;´Д`)ハァハァ胆が冷えました(;´Д`)ハァハァ
      気をつけますww

      いえ、フタはしてますよ(´ε` )
      フタなしでも、少しづつ馴らせばイケるかもですが、神経とがらせて管理もツラいのでw霧吹きとかさえメンドク、、、
      =(;゚;Д;゚;;)⇒グサッ!!

      有茎草は、抽水から自ら出てきたのなら葉が焼けながらなら可能でしょうね。
      あと、水陸両用のシダ(ミクロソラム、ボルビとか)+アヌビアス、フィロデンドロン等の最初から水中に入ってないサトイモ科は、取っ掛かりとしていいかもですね‼
      結構、レベル高めかな⁉
      ボクハデキナイヨ
      -ヤってはいますけど笑

      後で、水草の寿命ネタと気中で育つ水草ネタは記事にしましょうかねぇ(;´Д`)ハァハァ
      どちらも、完全な答えではありませんがw

      削除
    2. なーるほど、やっぱりフタなしは厳しいんですねぇ。
      毎日霧吹きとかできませんww
      レベル高め・・・。やらないわけにはいかないですね!

      寿命ネタ、気中ネタ気が向いたらでよかですよ。覚えていただいててあざす!

      削除
    3. 寿命は、何度か下書きしましたww
      ブログでまとまる内容にならなくて、、、
      更に内容中に問題もありまして( ゚д゚)ポカーン
      いまだに書けませんw

      気中は、サクッと出します‼
      が、汚ないですよ、クオリティが低い?
      それは元々かぁ((( ;゚Д゚)))

      削除
  5. これがヌマスゲですか、渋いですなあ。
    カヤツリグサ科入門図鑑という本でカヤツリ知ろうとするも、一読して挫折しましたw
    現物何度も見ないと覚えるのは厳しい・・・。

    写真のホシクサはイヌノヒゲの葉にホシクサの花という感じでしょうか。
    ホシクサとイヌノヒゲは同じホシクサ科でもけっこう性質に違いがありますね。
    イヌノヒゲの方がタフというか、適応力ある印象です。

    返信削除
    返信
    1. カヤツリグサ科でくくると、膨大な種類になりますよねww
      私は陸生モノは、全て諦めました笑
      カンスゲしかわかりません(爆笑)
      湿生と湖沼の仲間だけで、楽しんでます!
      スゲとテンツキは、おススメです。私見ですけど、造りの美しさが秀逸です、、、
      あくまで、私見です笑

      日本およびアジア圏は、エリオカウロン属だけの分布なので、だいたい3種類ぐらいの形状があると認識してます。ウニ形、広葉形、針状長葉形でだいたい説明がつくと思うのですが、(波が入る、茎が伸びるは別に)広葉系のウネウネです。コシガヤホシクサの巨大版がイメージに近い気がします。
      葉が垂れずに立つので、かっこいいです。

      ホシクサは、高山に登山しないと見れないところです⤵イヌノヒゲばかりで残念です。

      削除
    2. やはり水上も綺麗ですね〜
      詫び草もどきのベースは何で作ってますか?
      一度ケト土と腐葉土混ぜて作ってみたらすぐに崩壊してしまいました(´-`)

      削除
    3. 石上栽培(笑)
      湿度高めなので、葉は軟らかいですけどねw

      私の侘び草もどきは、
      水草だけですよ(((*≧艸≦)
      あっ、バラしちゃった笑
      もちろん、いいんですけど‼
      ケトも、腐葉土も水質がアカン事になりますよね。以前になじみのショップ店長とその事について話した記憶があります。やはり、砂系+固形肥料が安全ですかねw有機質は、長期だと分解必須だという感じだった気が、、、。
      私の侘び草もどきの作り方は、後日記事アップしますwww

      削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

「あなたは変われるはずよ」

今日も掘りましたよ~。

近所の方々から白い眼で見られても、

私は掘りますよ~。‐ 残り3000×2800×500

. . . . . .。


 ごきげんよう。ミスタ ポポです。

はい。

今日は、定例水換えデーです。

やった~。トリミング大好き。

んっ?

あんまり伸びていませんね~。

ありゃ、不完全燃焼ですよ~。

まぁ、いいです。気にしません。

エロモ-ワールドでは。-PAPAセンセイ、ツカイマシタヨー

じゃ~、勝手に、ほい。




見つけましたよ。

私の目はごまかせませんよ~。

ヒータについているものです。

黒髭コケの第2形態ですね~。

んっ?

見えない。

はい、わかりました。

ほい。



もっとわかりずらいですね~。

茎が出て、二股に分かれました。

長い時間、育てていました。

なんか、ブログ内のウワサでは、

第3形態は空を飛ぶ。と言ってましたね。

楽しみです。

. . . . . .。

はい。

それでは次です。

水中矮化実験の途中経過でっす。

ほい。



ちょっとオークロが邪魔ですね。

上から写真撮りました。

少しの流木と小葉が見えます。

完全に活着したニューラージパールグラスです。

ソイルやテグスを使っていません。

流木自体に根を張りました。

抜こうとすれば、ブチブチ切れます。

液肥は一度も添加していません。

キューバパールグラスと変わらない大きさです。

もちろん、そんな高級水草はありませんので。

ちなみに同じ水槽内の

固形肥料埋めている底床に張っていった葉は、大きいです。

ほい。



THE普通ニューラージです。

興味深いのは、同水槽で生育が違うだけでなく、

ニューラージパールグラスが、葉面からの栄養吸収より、

根からの吸収の方が大きいという結論です。

一般に水草有茎草は、光合成・

専門用語でいう陽反応(光合成している時に栄養を葉面吸収しATPを作る。)

が陰反応(土中から水と一緒に吸収・ミトコンドリア由来)より、

大きい高等植物という考えがありますので、

逆という結果が見て取れます。

ここら辺に底床を這う水草の秘密がある気がします。

光量は流木に乗っている方が高いですから、

結果はうなずけるものではないでしょうか。

流木上の活着やり方は、平面に

小さな植物塊をただ置いて、溶岩粒を

上から乗せておいただけです。

2週間程経ったら、根が張ったこ…

「水草育成技術の語る」

ご機嫌うるわしゅう。

ロビヲだす。


しれっと更新だす。




水草育成に技術を活用する。

園芸の(笑)


・・・。


はい。

知ってる方は知ってると

思いますが、

私の水草育成論は、

すべて園芸から来てまっす。

一般的な水草育成においては、

炭酸ガスの添加だけが

アクアリウム由来でっす。


で、いつも育成技術を

記事にしないんですけど

少し書こうかなっと。






まず写真から、ほい。




こんなの。






裏側はスッカスカ。

というか根のみ。


これはトリミング(園芸でいう盆栽の

仕立て)技術だけで出来まっす。


ソイルのかさ上げとか必要ありません。





あと、ほい。



水草の有茎草を短く育成する。

これも園芸でいうところの

クランプ栽培を使って維持してます。




他にもモスの配置や、

照明の当たり具合で育成方法を

変える等、園芸技術を使っている場所に

枚挙にいとまがありません。




で、今日は上記に上げたクランプ栽培を

書きまっす。


ポイントは3つでっす。


①なるべく強い光。

②無肥料。(ほぼ無し)

③有茎草を寝させる。



以上です。


超簡単だす。


水中でも陸生でも抽水でも

なんでもかまいません。



正直言うと①の強光さえ確立出来れば、

ソイルも土も底床と呼ばれるモノさえ

なくても出来ます。

上の写真は重しを付けて

流木に乗ってるだけです。

根がむき出しっす。




水分は必要ですけど。


私は底床を卒業しました。

飾りで使ってます。

水草を教えてくれた先生は

底床で育つ育たないは関係ないと

おっしゃってました。

以前は解りませんでしたが、

少し解ってきた気がします。





話しを戻します。

それも面倒な方は有茎草を

水面に浮かせておいてください。

1ヵ月で短くて茎間の短い

クランプ(芽が沢山出てる株)の完成です。


注意として寝かせた水草を、

株ごとに切ってはいけないって

ところだけです。


切ると独立株になって大きくなります。

簡単に説明すると一株では、

芽が沢山付くと栄養分が足りなくて

大きくなれないって事です。

かなり大まかですけど。


あと、カリウムを添加している水槽では

出来ません。

以前にも書きましたが、カリウムは

転流に影響していると考えられるからでっす。



園芸をされてきた方には

常識な技術もアクアリウムに

活かせたなら、ちょっと

面白いかもですね。



✋゛








最後まで読んでいただき

ありがとうございま…

「水草一点突破①-グリーンファンsp.ベリーショート」

ご機嫌うるわしゅう。

ども、特技はこづくり、

Mr.ロビ太でっす。

うん。すでに打ち止めですけど。

・・・・・。



はい。

久方に水草を買いました。


で、今日はそのお話しでっす。


あ~と、皆さまは水草を買う頻度は

どのくらいなのでしょうか?


水槽の大きさなんかで使用量も収納数も

変わるので千差万別でしょうけども。


私は、入れ込んでいた頃は、1ヵ月に

2,3回ぐらいの頻度で大人買いしていました。


なにせ、田舎暮らしが長いのでショップ巡りと

いっても5,6件の中を行ったり来たり、

都合があえば、仕事で出張の際に

水草に強いショップへ、うかがってました。


でも、現在では販売されている水草は

結構持っていて、なかなか新種や育てた事の

ない種類に遭遇することも少なく、

さらに水草部屋のキャパオーバが、

相まって購入は、半年に1度くらいです。


その他、諸々の事情もありますが、、、。

(好み、状態、そもそもコンプが目標でない等)


で、購入水草はコチラ。

ほい。



鉛巻き(笑)

東南アジア便です。

左から、


レッドカボンパ。

ラージナヤス。

グリーンファンsp.ベリーショート。



上記、二つはコメントは特にありません。笑

アピスト水槽に、ドボン。の前に、

沈水用のトリートメント。

ほい。



バケツでポン。

いつか記事になるかな?




それはいいんです。


問題はコチラ。



名前が長いんで略します。

グリーベリー。

うん。ダメみたい。

・・・。



で、そのグリーベリー。- シツコイ。

ネットなんかの書き込みなんかでは、

メチャ嫌われてる感じです。


私も存在は知ってましたけど、スルーでした。


理由:水草でない。


これ以上の理由は、ない感じでっす。



んで、ホームセンターなんかだと店員も知らない笑

知っている方もいらっしゃいます、もちろん。

そんな水草もどきが、〇ッパイあるんです。いまだに。


で、無垢な購入者が水槽入れたら、

デロンデロン溶ける。汚い。

調べたら水中で生長できない、または

長期育成は不可。

なんだ、チミは。


・・・。



いや、それは嫌われますよ。

せめて、テラリウム用とか書いて下さい。

で、展示も抽水でお願いします。

・・・。

話しが逸れました。



戻します。

今回は、なじみのショップで購入しました。

もちろん、店員さんは溶けること知って…