スキップしてメイン コンテンツに移動

「ウォードの箱・現代論」


ご機嫌さんでっす。

Mr.ロビックでぇす。



え~、ロビゴスティーニの3発目、イキまっす。


ピャ



・・・・。





はい。

というわけで、

アクアリウムのホント話しで、

水深論を描こうかと思案して

参りましたが、

インリン度(刺激)が高過ぎて、

躊躇(ちゅうちょ)しました。


止めます。

オブラート5枚に包んでも、

毒物過ぎるので。


私はアクアリウムに革命を

起こしたい訳ではないでっす。



で、甘々なお話しも何なので、

最近、水草カテ内で、

キーワード的に出てくる

水草ストックを書きやす。


うん。オブラートいらない。



では、私の家の水草ストックを

出しましょう。


ピャ



あ、写真が16:9になってる(笑)

あ~と、脱線しますが、

カメラを変えました。

明るいレンズが欲しくて、

コンデジ(開放F値1.8の)を

買いました。

今まで、スマホ(F値2.4まで)でしたので。



はい。戻りまっす。

写真は発泡スチロール箱(チャー〇)。


資源を有効活用しまっす。

中身はブセ6種ですね。

他のは水中イってます。

右上のはエキノドルス ウルグアイエンシスっす。



どこにでもある普通の水上栽培です。

でも、温室内なのでフタは要りません。

専用の水中ヒータも要りません。

間接光育成なので、照明も要りません。


はい。ストックに経費は盛り込まない。


で、題名のウォードの箱って、

皆さま方はご存知だと思いますが、

ヨーロッパ発祥の屋内園芸の元祖ですよね。


元々、電気がない時代に

植物が育たない季節や

ロカリティにおいて地場にない

熱帯性の植物を育てる技法として

確立したモノでっす。


ガラス容器育成で、

生育と鑑賞を同時に

楽しむ素晴らしい方法です。



はい。現在に当てはめると、

温室栽培は直系の進化形でっす。

(植物園とかの)


アクアリウムは水草の水中育成なら、

かなり近いですし、

生体育成に重きをおけば、

方向性が違います。


日本では、

水槽内で生体を飼う事は、

江戸時代には町民文化として

根付いている歴史です。

(それより古いと池の鯉育成が主体)


水草主体の育成は歴史的には新しい

モノでっす。


水草と生体を同時にかつ長期に

育成出来るようになったのは、

歴史がさらに浅いです。



想像ですが17、18世紀には

水草は川や池沼、水田には

今より遥かに潤沢?に

生い茂っていたはずです。

ですから水槽内で育成して楽しんで

いた方は居たのか居なかったのか。

キンギョモの歴史は調べていませんが。



そして、現代において水草育成している

方なら、電気や炭酸ガスなしでは、

長期に水草を育成する事は

困難である事も理解されていると思います。



で、私はよりウォードの箱的に水草を

育成して、水草をストックしています。


数は数えてませんが100種類は超える

量の水草を管理するには、

水上栽培が最適です。

これは以前にも書きました。

水草ファームの育成を見れば、

一目瞭然です。


私もレイアウトで使用しているモノ及び

沈水性水草以外はファームに

見習っています。



多くの水草と出逢い、

そして育てたい、

そんな気持ちでっす。



では✋゛






他の水草ストックはギャラリーでどうぞ。



クリプトコリネ。

温室外なのでフタしてまっす。






アヌビアス。









エキノドルス。クリプトコリネ。セラギネラ。

育成環境が近いモノは、まとめます。





高級ニムファ(頂き物)とミクロソラム。

他に浮いているのは、

ストロギネとヒドロコティレ、ロタラなどなど。


破片が入ると勝手に生育しちゃいます(笑)







窓辺にタッパ。


中身は・・・。




こんなにぎっしり(笑)


後で使おうと放置 育成していたら、

根付いて取れなくなるという失態・・・。








水辺植物とモスの育成洗面器。

顔は洗えませんよ、きたねぇもん。








部屋内ビオトープ(季節モノ)







実験中の乾季雨季水槽も

広義の上ではストック的ウォードの箱っす。

1ヵ月半は過ぎましたね。

何も変化がないという・・・。







ウォーターローンは瓶で培養もしてまっす。

一部ニューラージ。



という事で長くなりすぎたので

この辺で(笑)


他にもあるんですけど、

それはいつか。



最後まで読んでいただき、

ありがとうございます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

   ⇓

えーと、実は

ブログ1周年過ぎてます(;'∀')エッ

コメント

  1. いっぱい水草持ってますね~( *´艸`)
    アヌビアスの中にマコデスww
    ウチは前はストック水槽でもしてました
    現在は瓶がメインで温室にも少しに
    規模縮小しました・・・(;^ω^)
    私的には乾季雨季水槽が気になってるので
    こうやって時々出てくると嬉しいですww

    返信削除
    返信
    1. もう、数える気が無くなりましたぁ(ФωФ)
      でも、買った水草のデータを取りだしたので後々は数えれるかもです(笑)

      雨季も後一ヶ月強ですね、変化しない理由が水流とか風とか、水替えしてないからか⁉
      う~ん、興味深いです。が、雨季で変化ないならずっと乾期で良いかなぁと思い始めてますww

      削除
  2. ロビさんとこはうちのウォードの箱(プラ容器)の上位互換ですねw
    うちのもなんだかんだ種類が増えてて次の箱を用意するか悩み中…
    雨季から一ヶ月、意外にも動じないもんなんですねぇ。続報楽しみにしてます!

    返信削除
    返信
    1. いや、こめさん家の衣装ケース?の方が上位ですよね♪

      私も買うなら衣装ケースにします、これからは(笑)

      水槽内の雨季は水草にとって耐えるだけのモノだと結果が出るとさびしい感じですね(ーдー)

      削除
  3. これって種別というより、性質の似ている者同士をまとめて管理ですよね。
    定期的に鉢ごとの状態見るのはなかなか大変そうw

    うちは冬の間は屋外で種で越冬してもらってます。
    いつロストするかわからない恐怖を抱えながらww

    それだと冬の間暇すぎるから屋内水槽で水草の延命延命です。

    返信削除
    返信
    1. 生育環境が似ている同士ですw
      初めは種別だったんですが、それでは不具合(陸生向きか抽水向きか)が生じました(ーдー)
      で、実は容器内に水の有り無しで管理分けしてますw写真では分かりませんけど(笑)

      私個人はサトイモ科全般の植物が好みです。で、育成環境が広く、失敗を重ねて今のストック育成に辿り着きました。
      と言うことで、時間を見つけては趣味部屋に居ます。好きなので大変って考えたことはなかったです♪
      はたから見れば大変に見えるんだなと(笑)

      冬は見る場所が、大小の鉢やら水槽やら実生ケースやらを合わせると見る箇所は100ではきかないです(苦笑)

      種の越冬は良い案ですね!
      岩手は低温(夜間-15℃くらい下がります)なので種以外の越冬は厳しいと思いますのでw
      外にある苔類は、冬の朝は霜柱で5㎝近く浮き上がっててなかなかウケますw

      削除
  4. このウォーターローンはもしや。。
    Gravure Sp.の成長具合も気になるところですがw
    ミニ温室で水上栽培しようと企んでいたら置き場所ないということで却下くらって意気消沈なうです(´ω`;)

    返信削除
    返信
    1. もしやのグラビアウォータローンっす♪
      夏にバテちゃって大変でしたぁ( ゚Д゚)ゞ

      冬に入って盛り返して来ましたw
      ウォータローンをナメてましたぁ‼
      結構ムズい(笑)

      Gravureをいつも読めず、グラビャーって理解してます(笑)
      ナウ中すか((( ;゚Д゚)))
      そういうときは、こっそりタッパ温室ナウっす(ФωФ)

      削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

「あなたは変われるはずよ」

今日も掘りましたよ~。

近所の方々から白い眼で見られても、

私は掘りますよ~。‐ 残り3000×2800×500

. . . . . .。


 ごきげんよう。ミスタ ポポです。

はい。

今日は、定例水換えデーです。

やった~。トリミング大好き。

んっ?

あんまり伸びていませんね~。

ありゃ、不完全燃焼ですよ~。

まぁ、いいです。気にしません。

エロモ-ワールドでは。-PAPAセンセイ、ツカイマシタヨー

じゃ~、勝手に、ほい。




見つけましたよ。

私の目はごまかせませんよ~。

ヒータについているものです。

黒髭コケの第2形態ですね~。

んっ?

見えない。

はい、わかりました。

ほい。



もっとわかりずらいですね~。

茎が出て、二股に分かれました。

長い時間、育てていました。

なんか、ブログ内のウワサでは、

第3形態は空を飛ぶ。と言ってましたね。

楽しみです。

. . . . . .。

はい。

それでは次です。

水中矮化実験の途中経過でっす。

ほい。



ちょっとオークロが邪魔ですね。

上から写真撮りました。

少しの流木と小葉が見えます。

完全に活着したニューラージパールグラスです。

ソイルやテグスを使っていません。

流木自体に根を張りました。

抜こうとすれば、ブチブチ切れます。

液肥は一度も添加していません。

キューバパールグラスと変わらない大きさです。

もちろん、そんな高級水草はありませんので。

ちなみに同じ水槽内の

固形肥料埋めている底床に張っていった葉は、大きいです。

ほい。



THE普通ニューラージです。

興味深いのは、同水槽で生育が違うだけでなく、

ニューラージパールグラスが、葉面からの栄養吸収より、

根からの吸収の方が大きいという結論です。

一般に水草有茎草は、光合成・

専門用語でいう陽反応(光合成している時に栄養を葉面吸収しATPを作る。)

が陰反応(土中から水と一緒に吸収・ミトコンドリア由来)より、

大きい高等植物という考えがありますので、

逆という結果が見て取れます。

ここら辺に底床を這う水草の秘密がある気がします。

光量は流木に乗っている方が高いですから、

結果はうなずけるものではないでしょうか。

流木上の活着やり方は、平面に

小さな植物塊をただ置いて、溶岩粒を

上から乗せておいただけです。

2週間程経ったら、根が張ったこ…

「水草一点突破①-グリーンファンsp.ベリーショート」

ご機嫌うるわしゅう。

ども、特技はこづくり、

Mr.ロビ太でっす。

うん。すでに打ち止めですけど。

・・・・・。



はい。

久方に水草を買いました。


で、今日はそのお話しでっす。


あ~と、皆さまは水草を買う頻度は

どのくらいなのでしょうか?


水槽の大きさなんかで使用量も収納数も

変わるので千差万別でしょうけども。


私は、入れ込んでいた頃は、1ヵ月に

2,3回ぐらいの頻度で大人買いしていました。


なにせ、田舎暮らしが長いのでショップ巡りと

いっても5,6件の中を行ったり来たり、

都合があえば、仕事で出張の際に

水草に強いショップへ、うかがってました。


でも、現在では販売されている水草は

結構持っていて、なかなか新種や育てた事の

ない種類に遭遇することも少なく、

さらに水草部屋のキャパオーバが、

相まって購入は、半年に1度くらいです。


その他、諸々の事情もありますが、、、。

(好み、状態、そもそもコンプが目標でない等)


で、購入水草はコチラ。

ほい。



鉛巻き(笑)

東南アジア便です。

左から、


レッドカボンパ。

ラージナヤス。

グリーンファンsp.ベリーショート。



上記、二つはコメントは特にありません。笑

アピスト水槽に、ドボン。の前に、

沈水用のトリートメント。

ほい。



バケツでポン。

いつか記事になるかな?




それはいいんです。


問題はコチラ。



名前が長いんで略します。

グリーベリー。

うん。ダメみたい。

・・・。



で、そのグリーベリー。- シツコイ。

ネットなんかの書き込みなんかでは、

メチャ嫌われてる感じです。


私も存在は知ってましたけど、スルーでした。


理由:水草でない。


これ以上の理由は、ない感じでっす。



んで、ホームセンターなんかだと店員も知らない笑

知っている方もいらっしゃいます、もちろん。

そんな水草もどきが、〇ッパイあるんです。いまだに。


で、無垢な購入者が水槽入れたら、

デロンデロン溶ける。汚い。

調べたら水中で生長できない、または

長期育成は不可。

なんだ、チミは。


・・・。



いや、それは嫌われますよ。

せめて、テラリウム用とか書いて下さい。

で、展示も抽水でお願いします。

・・・。

話しが逸れました。



戻します。

今回は、なじみのショップで購入しました。

もちろん、店員さんは溶けること知って…

「答え合わスィング」

ご機嫌うるわしゅう。

前回の池の水草が、

なぜ種類が少ないか⁈

答えます。

「アレロパシー」でっす。


あぁ、何だって声と、

何それ⁈の声が、

聞こえまっす。


いいんでっす。

次に書きたい記事の

フラグでしたので。

詳しい話しはカミングスーン。








で、ピィヤ~っと、藍藻を、

ヤッちゃいまっす。

少し長いです、ゴメンナサイ。





 藍藻対処方法。




※私の勝手な言い分ですので、

マネせずにこんなアホな事を

してるヤツが居るんだ程度で、

聞き流してください。

藍藻は藻類と違って、

本気でかからないと

後で数倍の手間と時間が、

掛かりますので。




順序よく説明イキまっす。


①生体を退避させます。


※出来れば、別の水槽でなく、

単独の容器で、エアレーション出来、

飛び出し事故を起こさないように

フタをして暗くします。

水も飼育水と違う水で

水合わせして入れます。



②水を抜けるだけ抜きます。

後戻しはしないので廃棄で構いません。




③取れるだけ目に見える藍藻を、

取ります。



※少し湿らしたキッチンパーパーを、

藍藻の上に置いておけば、

時間が経てば結構、

吸ってくれます。

ただ、ペーパーをそのままに

しておくと、藍藻の種類によっては、

空気を利用して毒素を出す種類も

あるかも知れませんので、

吸ったキッチンペーパーから、

藍藻の緑色が、明らかに

広がるようであれば、

吸い取りを中止します。


藍藻の種類には臭いが強い弱いが

ありますが、吸い取ったモノを

入れるゴミ袋の準備と

ピンセットなどの器具を消毒出来るように、

エタノールやオキシドールなどを準備下さい。


間違ってゴミ箱にそのまま等を

しますと藍藻の胞子的なモノが、

空気中を舞うかもです。

他の水槽も危険です。



で、大事なのはここからです。


滅菌

正確には、すべて消えません。

ちなみに殺菌とか除菌という言葉は、

正確ではありませんので書き記します。

定義がない、あいまいな言葉の為です。


薬品を使います。

第3次医薬品とか、

アクア用の藍藻に効くモノです。

商品名は書けませんが、

アンチ〇〇〇〇とか、

エクス〇〇〇とか、

〇〇〇ドール。

アレっす、過酸化水素が

劇物指定にならない程度に

希釈されていれば良いです。


H2O2


※2は正しくは下につきます。


で、簡単説明しますと、

過酸化水素は、酸化反応を

起こして藍藻が死滅する…