スキップしてメイン コンテンツに移動

「大事なモノは隠す」






ご機嫌うるわしゅう。

WPOのP、トムロビだす。




はい。今年度の自生地写真を掲載しまっす。

看板とか、希少なアレとかが〇ッパイ写ってて、

時系列にならべると、間が空くという失態な

掲載内容となりました。

笑って通り過ぎてくだちい。



では、どうぞ。


ほい。



と、その前にこのかわえぇ葉の植物を

知ってる方教えて下さい笑

随分前に知っていたのですが思い出せません。

林の中の日陰で湿った場所です。


あぁ、なんだったかなぁ、、、。




続きを。


ほい。



スタートはこんな感じっす。

すでに、興奮マックス笑


水草が、みなもに透き通って見えまっす。


私、過去を振り返ると浅い池周辺の水草は、

ノータッチだったかも。

フィールドは、山、川、ため池および田、湿地

(湧水地)、ダムおよび湖畔が多かったので。


浅い池って、濁ってて見えなかったり、コイや

蓮が導入されてて無い場所ってイメージだったので笑



あ~と、話しがソレました。

戻ります。


では、池ギャラリーでどうぞ。




見て下さい、水の波紋。

その中をたなびく水草。


はぁ~。ええわぁ。


しばし、見とれていたのですが、

水草やってない人が見たら、怪しさ満載。


で、見られた水草は、ほい。



カワゴケ。またはリバーモス。

旧名はノコギリカワゴケ。

湧水系で、水温が15℃くらいなら、

どこでも見れます。

もちろんアクアティックプランツ。

・・・ん?

アクアティックモス笑




ノチドメの完全沈水。

他にセリとシペルス、ミズハコベが沈水。

ウトリクラリアもわずかにありました。

一般種でもこれだけ見れれば、

私は満足っす。






少しマニアックなところでは、

ミズオオバコ。ほい。



もう終わり時期で残念な状態でしたけど。



あと、テンソンが上がったのがこちら、ほい。



マルミスブタ。(ブリクサ)

もう半分溶けてました笑

春先に楽しみを取っておきます。


で、陸に上がって、シダや地衣類他を

見ました。少し、ほい。



ハンゲショウ(サウルルス)、水生ランsp。




大好きなチッパめのスゲ。





ゴワゴワな苔。





これも大好きな地衣類。

カビに見えるとか言わない笑






抽水のノチドメ。




ボコボコ水が湧いてます。

少し怖くなりますね、引き込まれそうな感覚。






ネイチャーを感じる美の世界。


あ、長靴写っちゃった。






木漏れ日の下のツタ植物も

葉の形がたまりません。





こんなコケ石、一家に一ついかがでしょう?

うん。要りませんね。


・・・・。





ふう~。

しょっぱなの池だけでこの量っす。



疲れました。



・・・・。



・・・・。




つづく。



チャオ✋




最後まで読んでいただき、

ありがとうございます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

    ⇑

水の波紋って、癒されません?

コメント

  1. 鼻血の理由わかりました。
    こっちも鼻血でそうです。でも草の名前は分からないです。
    早く夏にならないですかね~。(行く気マンマン)

    返信削除
    返信
    1.  現場におもむく際には、久しぶりの心臓の高鳴る鼓動を聞きました‼一歩ごとにドキドキな音聞こえてきましてw童心にかえった気分で楽しめましたww

      晩秋しか見てないので、早春と盛夏を見る楽しみも出来ました笑

      インタネットやカーナビで検索しても、探せない場所なので、ゆったり見れる良い場所です♪

      以前に掲載した遠目の景色の場所(ホシクサ多い)と今回の4kmの自生地は、是非とも御一緒したいです‼また遊びましょう‼‼

      削除
  2. ここいい(๑•̀ㅂ•́)و✧
    すごくきれいっす。
    ちょっと泳いでみてください(*゚∀゚)=3ハフンハフン

    水面が漂うところに水草がスワァァって流れる姿・・・・
    一応それを今回の隠れコンセプトで作った水槽なんですが・・・
    なんと水流と水草の向きが反対ってことにwww
    まぁ設置場所からしてそうなるのはわかっていたのでしょうがないんですけどね(; ・`д・´)

    返信削除
    返信
    1. あっ、カバが似合いそうな池でしたよ♪
      水深は50㎝ぐらいだったような。
      泳いで水中から水草がみたいかもですw海パン準備しましょうか笑

      隠れコンセプト、カミングアウト~♪
      向きが逆っすかぁ(ФωФ)水槽の前面からか、前面の右ナナメからの水流って感じですかねぇ⁉φ(.. )メモメモ
      カッケェなぁ、感心しますわっ‼

      削除
  3. 拝見しているとまだまだ知らない陸草が多いなあ・・・と。
    スブタは水深ある所では大きくなりますねえ。
    水槽内ではかなりのロングリーフになるw

    返信削除
    返信
    1. 写真の場所は、分かりやすい植物が見れたのでポケット図鑑とルーペ、ピンセットを持っていけば、ほとんど識別は可能だと思います!降雨後の抽水状態や水没の陸生植物なんかも散見するので見間違いがあるので、注意してますけどww
      これが深山だとカオス過ぎて笑

      ブリクサ自体が、東北だと希少です。
      出会えると心臓がバクバクします‼
      まぁ、亜種を抜いて3種類全てが在ることは在るのですけどw
      スブタとマルミスブタ自体は、この時期の種を発見出来なければsp.扱いになりますので、、、。今回は偶然見つけまして笑
      水槽内で実生から初めても一年たたずに×にしてしまいます⤵
      なかなかムズカシイイメージがありますw
      私レベルではロングリーフまで育てれません笑 一年性水草の単品栽培だとイケるのか興味はありますww

      削除
  4. リバーモスとシダ系は癒されるし欲しいですね~(゚∀゚)
    いつかそっちに遊びに行ったら案内してくださいね♪
    行くなら夏が良いのかな???

    返信削除
    返信
    1. リバーモスも同じように見えて、今回は3種類見れましたwマニアックなので、ブログに載せませんが笑
      シダは豊富ですよ‼ただ、人気のある着生タイプを探すとなると血眼になって探さないといけませんけど( ´;゚;∀;゚;)

      リバーモスとシダ送りますよ♪
      ビオ系ので良いですか⁉リバーモスは両方イケます!そのうち、シダコレクションしますので、気兼ねなく欲しいって言ってください!

      もちろん、いつでもお待ちしてますよ♪
      おすすめは、春か秋が良いかなぁとw
      私もADさんと一緒で夏の虫が○ッパイ時は、ちょっとヒキますので爆

      削除
  5. 植物の名前がわかると普段の散歩でも楽しくなりそうですね。
    水草図鑑がほしくなりました!水陸ともに植物図鑑のオススメあったりしますか?w

    返信削除
    返信
    1. 遅くなってごめんなさい汗

      そうなんです、散歩が楽しみww
      田も、池も、用水路も、休耕田もありまして散歩サイコーです♪
      で、四季折々の移ろいがありまして季節で見れる水草が違うんです!
      わからない植物があったりしたら写真を撮って帰って図鑑を調べる→すると、次の散歩の時には覚えた植物が増えているんです‼
      ヒマを見つけては散歩繰り返してます笑

      水草の図鑑は、本なら「日本の水草」角野康郎 が、一冊あればほぼ網羅してます。
      ホシクサ等でボリュームが薄い部分はありますけどw
      プラスで、半夏堂さんのHP「日本の水生植物」でカバーしたら水草だけで言えば植物園の人レベルの知識量だと思いますよ!
      私もバイブルにしてます‼
      陸上は、中古でもなんでも山野草や野草などのポケット図鑑があれば不便はしないと思います。シダとコケをするなら、別途図鑑を持つと良いと思いますwww
      気をつけポイントは、地域限定のロカリティ本だと、範囲が狭いという感じでしょうか。例えば八重山諸島の植物とか高山植物とかwwwそれはそれで面白い事は面白いですけど笑
      あまり参考になりませんね( ゚д゚)ポカーン

      削除
    2. !!!
      すみません返信していただいていたのに気づいていませんでした。

      日本の水草速攻でポチっときましたww
      半夏堂さんさんのとこと利助おじさんの湿地探険は重宝しそうです。あざすうう。
      ほんとに散歩が楽しくなりそうですねぇ。

      ポケット図鑑だと持ち運びできて便利ですね。本屋で良さげそうなのあったら買って持ち歩くようにしてみます。
      八重山諸島ってwwマニアックすぎますww

      削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

「あなたは変われるはずよ」

今日も掘りましたよ~。

近所の方々から白い眼で見られても、

私は掘りますよ~。‐ 残り3000×2800×500

. . . . . .。


 ごきげんよう。ミスタ ポポです。

はい。

今日は、定例水換えデーです。

やった~。トリミング大好き。

んっ?

あんまり伸びていませんね~。

ありゃ、不完全燃焼ですよ~。

まぁ、いいです。気にしません。

エロモ-ワールドでは。-PAPAセンセイ、ツカイマシタヨー

じゃ~、勝手に、ほい。




見つけましたよ。

私の目はごまかせませんよ~。

ヒータについているものです。

黒髭コケの第2形態ですね~。

んっ?

見えない。

はい、わかりました。

ほい。



もっとわかりずらいですね~。

茎が出て、二股に分かれました。

長い時間、育てていました。

なんか、ブログ内のウワサでは、

第3形態は空を飛ぶ。と言ってましたね。

楽しみです。

. . . . . .。

はい。

それでは次です。

水中矮化実験の途中経過でっす。

ほい。



ちょっとオークロが邪魔ですね。

上から写真撮りました。

少しの流木と小葉が見えます。

完全に活着したニューラージパールグラスです。

ソイルやテグスを使っていません。

流木自体に根を張りました。

抜こうとすれば、ブチブチ切れます。

液肥は一度も添加していません。

キューバパールグラスと変わらない大きさです。

もちろん、そんな高級水草はありませんので。

ちなみに同じ水槽内の

固形肥料埋めている底床に張っていった葉は、大きいです。

ほい。



THE普通ニューラージです。

興味深いのは、同水槽で生育が違うだけでなく、

ニューラージパールグラスが、葉面からの栄養吸収より、

根からの吸収の方が大きいという結論です。

一般に水草有茎草は、光合成・

専門用語でいう陽反応(光合成している時に栄養を葉面吸収しATPを作る。)

が陰反応(土中から水と一緒に吸収・ミトコンドリア由来)より、

大きい高等植物という考えがありますので、

逆という結果が見て取れます。

ここら辺に底床を這う水草の秘密がある気がします。

光量は流木に乗っている方が高いですから、

結果はうなずけるものではないでしょうか。

流木上の活着やり方は、平面に

小さな植物塊をただ置いて、溶岩粒を

上から乗せておいただけです。

2週間程経ったら、根が張ったこ…

「水草一点突破①-グリーンファンsp.ベリーショート」

ご機嫌うるわしゅう。

ども、特技はこづくり、

Mr.ロビ太でっす。

うん。すでに打ち止めですけど。

・・・・・。



はい。

久方に水草を買いました。


で、今日はそのお話しでっす。


あ~と、皆さまは水草を買う頻度は

どのくらいなのでしょうか?


水槽の大きさなんかで使用量も収納数も

変わるので千差万別でしょうけども。


私は、入れ込んでいた頃は、1ヵ月に

2,3回ぐらいの頻度で大人買いしていました。


なにせ、田舎暮らしが長いのでショップ巡りと

いっても5,6件の中を行ったり来たり、

都合があえば、仕事で出張の際に

水草に強いショップへ、うかがってました。


でも、現在では販売されている水草は

結構持っていて、なかなか新種や育てた事の

ない種類に遭遇することも少なく、

さらに水草部屋のキャパオーバが、

相まって購入は、半年に1度くらいです。


その他、諸々の事情もありますが、、、。

(好み、状態、そもそもコンプが目標でない等)


で、購入水草はコチラ。

ほい。



鉛巻き(笑)

東南アジア便です。

左から、


レッドカボンパ。

ラージナヤス。

グリーンファンsp.ベリーショート。



上記、二つはコメントは特にありません。笑

アピスト水槽に、ドボン。の前に、

沈水用のトリートメント。

ほい。



バケツでポン。

いつか記事になるかな?




それはいいんです。


問題はコチラ。



名前が長いんで略します。

グリーベリー。

うん。ダメみたい。

・・・。



で、そのグリーベリー。- シツコイ。

ネットなんかの書き込みなんかでは、

メチャ嫌われてる感じです。


私も存在は知ってましたけど、スルーでした。


理由:水草でない。


これ以上の理由は、ない感じでっす。



んで、ホームセンターなんかだと店員も知らない笑

知っている方もいらっしゃいます、もちろん。

そんな水草もどきが、〇ッパイあるんです。いまだに。


で、無垢な購入者が水槽入れたら、

デロンデロン溶ける。汚い。

調べたら水中で生長できない、または

長期育成は不可。

なんだ、チミは。


・・・。



いや、それは嫌われますよ。

せめて、テラリウム用とか書いて下さい。

で、展示も抽水でお願いします。

・・・。

話しが逸れました。



戻します。

今回は、なじみのショップで購入しました。

もちろん、店員さんは溶けること知って…

「水草育成技術の語る」

ご機嫌うるわしゅう。

ロビヲだす。


しれっと更新だす。




水草育成に技術を活用する。

園芸の(笑)


・・・。


はい。

知ってる方は知ってると

思いますが、

私の水草育成論は、

すべて園芸から来てまっす。

一般的な水草育成においては、

炭酸ガスの添加だけが

アクアリウム由来でっす。


で、いつも育成技術を

記事にしないんですけど

少し書こうかなっと。






まず写真から、ほい。




こんなの。






裏側はスッカスカ。

というか根のみ。


これはトリミング(園芸でいう盆栽の

仕立て)技術だけで出来まっす。


ソイルのかさ上げとか必要ありません。





あと、ほい。



水草の有茎草を短く育成する。

これも園芸でいうところの

クランプ栽培を使って維持してます。




他にもモスの配置や、

照明の当たり具合で育成方法を

変える等、園芸技術を使っている場所に

枚挙にいとまがありません。




で、今日は上記に上げたクランプ栽培を

書きまっす。


ポイントは3つでっす。


①なるべく強い光。

②無肥料。(ほぼ無し)

③有茎草を寝させる。



以上です。


超簡単だす。


水中でも陸生でも抽水でも

なんでもかまいません。



正直言うと①の強光さえ確立出来れば、

ソイルも土も底床と呼ばれるモノさえ

なくても出来ます。

上の写真は重しを付けて

流木に乗ってるだけです。

根がむき出しっす。




水分は必要ですけど。


私は底床を卒業しました。

飾りで使ってます。

水草を教えてくれた先生は

底床で育つ育たないは関係ないと

おっしゃってました。

以前は解りませんでしたが、

少し解ってきた気がします。





話しを戻します。

それも面倒な方は有茎草を

水面に浮かせておいてください。

1ヵ月で短くて茎間の短い

クランプ(芽が沢山出てる株)の完成です。


注意として寝かせた水草を、

株ごとに切ってはいけないって

ところだけです。


切ると独立株になって大きくなります。

簡単に説明すると一株では、

芽が沢山付くと栄養分が足りなくて

大きくなれないって事です。

かなり大まかですけど。


あと、カリウムを添加している水槽では

出来ません。

以前にも書きましたが、カリウムは

転流に影響していると考えられるからでっす。



園芸をされてきた方には

常識な技術もアクアリウムに

活かせたなら、ちょっと

面白いかもですね。



✋゛








最後まで読んでいただき

ありがとうございま…